着物の形をそのまんま使って作ったリメイクジャケット

着物そのまんまの形からジャケットを作りました。

着物は大切なものだから失敗しちゃもったいない。とビビってなかなか作業ができなかったけど、「もう着ないからもらって」と言ってくださる方から頂いた着物があったので、えいや!とハサミを入れて思うように作ってみました。

やっぱり作っていかないと上達しませんね。やってみてよかった!気に入る形ができました。

出来上がったジャケットを持ってギャラリースペースプリズムに飛び込み、章子さんに着てもらいました。

いい感じ!

着物って不思議で、とっても柄ガラなのに着るとしっくりくる。

前後の裾にふらし布を付けました。前はパッチワークにして楽しく。

後ろ姿もかわいくできました。
裾は長めのふらし布。高い位置に背守りを縫いつけました。

配色の縮緬で作った紐をくるっと結んだ背守り。
「目線が高くなっていいよね」と言ってもらって満足。

縮緬で輪っかを作ってイカリングみたいなボタンホールを作ってみました。ほどけたり傷んだりしないか、着用試験します。
骨董市で買った木のボタンは京都生まれ。着物地になかなかマッチしてます。

ここからパターンを作り直していろんな着物、いろんな生地で作っていきます。

広告

関連記事

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

HUMMING BIRD DESIGN 外部リンク

Facebook , Amebaブログもやっていますのでぜひご覧ください。
・Facebook
・Amebaブログ
・Web Shop
ページ上部へ戻る