試作の日々。バインダーテープを使った吸汗速乾マスクとネックホルダー式マスクゴム

こんにちは。
WIN THE VIRUS展が終わってから一休みして、また新しいマスクの試作に取り掛かりました。
まだやってんの?と言われそうですが、まだやります。
どんどん暑くなる外気にハラハラしています。

外仕事の夫は暑いとマスクを外す、よっぽど人がいるところでしかマスクをしないと言っています。
それを聞いて、まぁそうだろうな、熱中症は怖いし。と思う反面、ちゃんとマスクしてね!とも思っています。

むずかしいところです。

 

今試作しているのは、バインダーテープを使ったマスクです。

これは失敗作。。。

アレコレ試してる間になんだか小さくなっちゃいました。ちょっとパンツみたいだし。。。これはやり直そう。

 

*バインダーテープというのは、2つ折りのニットテープの事でスポーツウエアではよく使う資材なんですが、綿や麻の布帛生地で服作りをしていたら4つ折りパイピング/バイヤステープはよく使うけど、バインダーテープはお目にかかる事がありませんでした。
せっかくカットソー素材を使うんだから、素材の持ち味をいかしたデザインにしたいと思ってバインダーテープをセレクトしてサンプル作りをしてるんですが、、、
ゴルフウエアのデザイナーをしていた時はしょっちゅう「ここは9x9mmのバインダーでー」とか、「ここ縫製もっときれいにしてください。」とか、仕様書に赤ペンで書いてたわーとか思い出す、あの思い出のバインダーテープを今自力で縫っているのです。縫製工場さんリスペクト!!
むずかしい!バインダーテープを縫い付けるラッパといわれるミシン抑えのアタッチメントがあればすぐに縫えるんですが、それがやや値が張るので気安く手が出せない。。。うむぅ。。。。。諦める?いや、大丈夫!と自問自答しながら試作を続けてます。やっぱりバインダーテープで処理したほうが商品の見栄えがするし、良い感じ!
と、ひとりアトリエで頭をグツグツさせながらやってます。

そして作り直したのがこれ。

生地と同系色のバインダーにしました。

ほぅほぅ、いいんじゃないかしら。すっきりして。でもまだ改善の余地がありそうだ。。。と、パターンから修正、サイズをもうちょっと大きくして、生地方向も工夫して、バインダーも別のを試してみて。。。

作り直したのがこれ。

View this post on Instagram

ヒョウ柄パイピングの吸汗速乾マスク サンプルできた! あらちょっといいかも!😸

A post shared by ハミングバードデザインあだちまゆこ (@hummingbird.nagoya) on

攻めのデザインですな。全面に柄じゃなくて、ちょっと柄ってのもいいんじゃない?と思って作りました。いい感じだと思います。

口を開閉しやすいように縦に伸縮するようにして、横幅も長くしました。伸縮といっても、そこまでビヨンビヨンはしなくて生地のストレッチ分ってことですけどね。

あと、マスクゴムについて、やっと普通のマスクゴムが入手できそうなので只今手配中です。
今までは品切れ状態だったので工夫して手編みで紐を作っていたんですが、これまで購入いただいた方にも普通のマスクゴムを使っていただけるように、届き次第ウェブショップに並べる予定です。

そして、メガネやフェイスガードを使っている人にとって、今耳の後ろは史上最大に混雑してると思うんです。
耳に障害がある人や補聴器を使っている人は耳にかけるマスクゴムって不便だろうなとも考えていて、首からかけて使えるマスクゴムを単体で販売しようと思っています。

うちの夫もこれならマスクの付け外しが楽だろうし、作業中にどこかへやっちゃうこともないだろうし。しばらく試してもらおう。

首の後ろで止めれるマスクホルダー

今資材を手配中なので、用意出来次第こちらもウェブショップに並べます。
必要な人に届くように、私は今できることを精いっぱいがんばります。
もしもこういうものが必要そうな人がいたら、お伝えしてくださいね。読んでくださるアナタを広報部長に任命します。よろしくお願いしMASUKU。

 

それでは、今日も満足いくまで試作がんばりMASUKU。

 

広告

関連記事

ページ上部へ戻る