「WIN THE VIRUS展」8日目。優しい風合いのマスク。フィルターポケット付き。

こんにちは。

「WIN THE VIRUS展」8日目(2020.4.25)です。

 

HUMMING BIRD DESIGN(安達真由子)マスクが反響をいただいているそうで入荷後すぐに売り切れ状態になるそうです。

 

現状1番人気は花の刺繍のインド綿マスク。こちらはきなりが追加できます。(カットドビーのきなりは素材がなくなりました。お求めいただきありがとうございました。)

 

関東からご注文くださる方もいたと聞きました。ありがとうございます。

一人で手作業で作っていますので1度に多くは作れなくて申し訳ないのですが、素材によっては追加で作れるものもあるので、お問い合わせしていただいて プリズムの章子さん(あきこさんです。)に予約ができるか確認していただければと思います。

お問い合わせ先はこのページ下部に載せます。

 

*週明けに新しく納品する優しい風合いのマスクを紹介します。

肌になじむベージュ色。ぽこぽこした優しい風合いの生地で作りました。

 

内側にフィルターを差し込むポケット付き。

 

耳にかけるゴムが不足していて無いので 綿の糸を撚り合せてかぎ針で編んで作りました。

1日中使う物なので耳に負担の少ない方法はないか考えました。ゴムほどの伸縮性は無いですが太くて柔らかいので、ただのヒモよりは痛くないかと思います。

 

結び方を工夫しました。お好みで調整してご使用ください。

ちょうどいいオートミールカラーの糸がうちにありました。我が家は素材の宝庫です。

 

輪を外側に広げると大きくなります。小さくしたい場合は結び目を持ってスライドさせることで調整できます。

 

上の写真より少し輪を広げました。

 

めいっぱい広げました。お好みで長くしたり短くしたりできます。

 

布マスクの内側にティッシュやキッチンペーパーなどの紙をフィルターとして入れている方が多いと聞きました。

私も試してみましたが、ズレたり落ちたりするのがちょっとストレスだったので、このマスクにはフィルターを挟めるポケットを付けました。

 

ポケットはフィルターをつけない場合でも邪魔にならない大きさです。

 

ティッシュペーパーを2つ折りにして左右に差し込めます。

 

うっかりクシャミをしてしまってもサッと引き抜いてティッシュを交換できます。

 

*立体マスクサイズ目安

 

男性にも女性にもお使いいただけるデザインと色です。

コロナ騒動が落ち着いた後にもビジネスシーンできちんとした雰囲気、優しい雰囲気が出せるマスクをと意識して作ったマスクです。

 

こちらは週明け水曜から販売になります。お問い合わせ、ご注文はギャラリースペースプリズムまでよろしくお願いします。

HUMMING BIRD DESIGN(安達真由子)のマスクは 1,700円(送料込み)です。

 

それでは引き続き、ソーシャルディスタンス!Souchaku MASK!で笑顔で過ごしましょう☆

 

「WIN THE VIRUS展」

会場 : ギャラリースペースプリズム https://spaceprism.com

〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉1丁目14−23 TEL.052-953-1839

会期 : 2020.4.16〜愛知県の緊急事態宣言解除までの間(その時々状況によって変動あり)

時間 : 11:30〜18:00 月・火休(実店舗休業中につきご来場不可)

展示方法等 詳しくは会期中にどんどん展開されます。

プリズムのホームページやSNSで作品を見ていただく。購入ご希望の作品があれば、直接プリズムに連絡して取引してください。

*現在実店舗休業中です。ご来場はせず、ギャラリーへは電話やメール、DMにてやり取りしてください。

*プリズムの章子さんは水曜日から日曜日の午前11時30分から午後6時まで常駐しています。(月火曜日休業)体調やその時々の状況により開催に変動があるかもしれません。何卒ご了承ください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る