夏休み到来!作ってみてね♪ハンドタオルで作るミニポーチ*ハミングバードの物づくり

夏休みに入りましたね。自由研究や手芸始めにぜひ参考にしてください♪

 

私が数年前に病気をしてなかなか体が動かせなかった時に、簡単にできるハンドメイド手芸を色々作ってました。

ただチクチク縫って 可愛いと思うデコレーションをすればなかなか実用的な小物が作れる。それは療養中の私にとって大きな癒しになりました。

広告

その中のひとつを今回は紹介したいと思います。

ハンドメイド初心者さんから、お子さんの夏休みの自由研究にもちょうどいい作品だと思うので、ぜひ参考にしてください。

 

ハンドタオルで作るミニポーチ

療養中に友人がMARKS&WEBのハンドタオルを贈ってくれました。

オーガニックコットンの上質なフワフワタオルでとっても嬉しかったです。

そのハンドタオルを利用してこんなミニポーチを作りました。

View this post on Instagram

MARKS&WEBのオーガニックコットンハンドタオルをポーチにリメイク。 白もできたー。かわいー♪ * 今日と明日(4/29,30)は円頓寺 en duexさんで『 #ウキウキな春マスク展 』です。 HUMMING BIRD DESIGNからも大人のファッションに合うマスクを出品してます。 ぜひ行ってみてくださいね〜♪

A post shared by ハミングバードデザインあだちまゆこ (@hummingbird.nagoya) on

 

夏には保冷剤を入れて、冬にはカイロを入れて使えます。

タオル地なので水分を吸収してくれる優れもの。ポーチとして普段使いもできます。

手縫いだけでできて、レースやテープなどでデコレーションができるので作っていて楽しいです。

可愛い柄のハンドタオルを使って作れば、お友達へのプレゼントにしても喜ばれると思います。

材料

ハンドタオル(私が使ったのは20×20cmのもの)、手縫い糸、針、ドットボタン、飾りのレース、リボンやテープ、ボタンなどお好みで

*材料をブログ下の方で紹介してます。参考にしてください。

 

作り方

1.左右の角を中央へ。好きな幅になるように調整します。重なった左右の端を仮縫いしておきます。(図の赤い点線部分)

2.下の角を中央へ。重なった部分(赤い点線部分)を縫えば袋状になります。

広告

 

3.上の角を中央へ畳めばポーチの出来上がり。

4.ドットボタンを縫い付ければいっちょまえな姿に。

5.お気に入りのリボンやレースを図の赤い部分に縫い付けたり。

6.フタ部分の表側 ドットボタンの縫い跡の上に大きなボタンを付けてアクセントにしても可愛いです。

完成です。あぁ簡単。

セールの時にハンドタオルを買ってストックしておいて、暇な時にチクチク作るのも楽しいです。

最近蒸し暑い夜にはこのポーチに保冷剤を入れて、頭やほっぺにくっつけながら寝るのがマイブームです。

いろいろ作って楽しんでください。

 

広告

 

*以下、参考の素材を載せます。よかったらどうぞ。

ハンドタオル

 

ソーイングセット(かわいいソーイングセットがあるとテンション上がる。)

 

針が苦手な人はボンドで貼るのがオススメ。布用のボンドなら洗濯もOK

 

ドットボタン(大きめの物が手縫いしやすい。)

 

ドットボタン(縫わずに簡単に留められるタイプ。)

 

*飾り用の付属

飾りボタン/子供の頃かわいいボタンをたくさん集めてました。

 

リボン、テープ/作品のデコレーション用にいろいろあると便利。

 

ボタンやリボンなどいろいろセットになってる福袋はハンドメイド作品作りに便利。

 

夏休みにトライしやすい簡単なハンドメイドを紹介しました。

参考にしてぜひ作ってみてください。

 

 

広告

関連記事

ページ上部へ戻る